ブログを検索

横浜グルメガイドブログ> 川崎 > 川崎 > 川崎 立ち飲み 元祖立ち飲み屋

立ち飲みというと赤提灯に暖簾が下がり、お店の中からは賑やかな話し声。昔懐かしい昭和の雰囲気を残すお店というイメージがありますよね。

「行ってみたいけど行ったことない!」そんな方、結構多いんじゃありません?今日はそんな「行ってみたいけど・・・」なあなたを暖簾の中へご案内。

元祖①.jpgJR川崎駅東口、川崎駅前タワーリバークとローソンの間の小道を入って2,3分の場所、「元祖立ち飲み屋」さんへ行ってきました。

暖簾をくぐるとまず驚くのが元気の良い「いらっしゃいませ~」のお出迎え。
混雑した店内でも笑顔で迎えてくれます。

手際よく案内されたテーブルには、おすすめメニューがずらり。

元祖立ち飲み屋3

熱々のお手拭をもらって、「とりあえず生」よろしく「モルツ」を注文!
まずはぐいっと乾杯。

店内を見渡すと「塩、味噌」の2種類のモツ煮をみんな食べてるよう。
お腹も鳴ってきたので、店員さんのお勧めの「塩」を注文してみました。

元祖立ち飲み屋4

さっぱり塩味なのに、モツの濃厚な味わいがおいしい!

続いてお醤油ベースの肉豆腐。

元祖立ち飲み屋5

七味をふってはふはふいただきます。
お肉ってなんでこんなに甘みがあるんでしょうね、美味美味。

ビールと煮物で小腹を満たした後は、
昔懐かしい響きのある「レバテキ」と「ハムカツ」のカタカナメニュー攻め。


元祖立ち飲み屋6

飲み物も合わせて「角ハイボール」にチェンジしました。

元祖立ち飲み屋7

レバテキの「とろり」とも、ハムカツの「じゅわっ」とも、
不思議と合ってしまう「きりっ」と冷えた角ハイボール。

余談ですが、こちらのお店、店内には「角瓶」がずらりと並んでおり、
カウンターの中には金色に光る見慣れない機材が入ってました。

元祖立ち飲み屋8

これ「ハイボールタワー」と言って、角ハイボール専用サーバーなのだとか。
高炭酸が生み出す爽快感が売りで、確かにうまいです。

元祖立ち飲み屋10

あっという間に1杯飲み終えて、2杯目を注文。
次は意表をついて「まぐろやまかけ」とハイボールを合わせました。

元祖立ち飲み屋9

まぐろとウィスキー?って思われるかもしれませんが、これも相性抜群でした。まぐろの「甘み」とウィスキー由来の「甘み」がマリアージュしちゃうんです。

 

のどがごくっと鳴ったあなた、お腹がぐーっと鳴ったあなた。
暖簾をくぐった先のレトロで新しい世界へ、足を踏み入れてはいかがでしょうか?

 

□■お店情報■□

川崎 立ち飲み 元祖立ち飲み屋

神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル1F

044-222-3323

JR各線 川崎駅東口より徒歩5分
京浜急行線 京浜川崎駅中央口より徒歩3分

川崎 立ち飲み 元祖立ち飲み屋の詳細

投稿者【だーじょん】


横浜イベント情報

横浜 居酒屋 特集

トラックバック一覧
ブログスタッフ紹介
※Windows版 InternetExplorerのみ

ウイスキーと日本が出会った街「横浜」 横浜だから味わえるウイスキーのおいしさがある