ブログを検索

横浜グルメガイドブログ> 川崎 > 川崎 > 川崎 居酒屋 ねじべえ

川崎の鶏ちゃん焼きが食べられる居酒屋「ねじべえ」様は、川崎駅東口のアーケード商店街「銀座街」の中にあります。
賑やかな商店街ですが、看板も入口もかなりインパクトありますので、きっとすぐわかります。

写真

昭和初期のレトロな新聞広告などがべたべたと貼られた階段を上ってお店に入ると、笑顔たっぷりのスタッフの方が元気に出迎えてくれます。
店内の壁にも、昔懐かしのポスターや手書きのメニューがべたべた貼りつけられていて、レトロなオブジェもいろいろ。

写真

最初はもちろん「鶏ちゃん焼き」です。
専用メニューには、初めての人のための作り方解説も書かれていました。


まずは三種類の「味付け」から選びます。


  • 塩─沖縄の塩!!引立つ素材!!
  • たれ─門外不出!!秘伝のタレ!!
  • 味噌─信州味噌!!際立つコク!!


の三種類の味付けから選びます。


トッピングもいろいろ。
人気あるのは、Wキャベツや玉ねぎ、あと韓国餅などだそうです。ひとつトッピング加えて50円~150円というお手頃価格もうれしいです。

写真

味付けを「塩」にすると、こんな感じの紙の皿が鉄板に置かれ、スタッフが手際よく焼いてくれます。
ある程度焼いたら、アルミ製のボールをすっぽりかぶせて最後は蒸し焼きに。


じゅーじゅーという音が聞こえてきて、食欲そそられまくりです。
焼きあがったら好みでおろしにんにくと一味をふりかけて完成!


ピリ辛でく、きゃべつもよく焼けていて、なにより鶏肉が柔らかくて味も濃く、角ハイボールが進みます♪

写真

鶏ちゃん焼き初体験でしたが、大勢でわいわい鉄板囲んで飲んだら、すごく盛り上がりそう。


メインは敬ちゃん焼きですが、それ以外のメニューも充実しています。
せっかくなんで、最後のデザートも鉄板で♪

写真

これは「あんこ巻き~バニラアイス添え」。
女性スタッフが、目の前で手際よくかつ丁寧に焼いて作ってくれました。


生地の中にはたっぷりのあんこ。
そのまま鉄板にバニラアイスクリームを一個投下。


「えええっ、アイスも鉄板焼きですか~!?」


と仰天していたら、ちょっと溶け始めたアイスをフライパン返しですくい上げ、
ソースのようにあんこ巻きにかけてお皿に盛り付け、最後にシロップをかけて完成!


鉄板で焼いたにもかかわらず、
アイスは熱いところと冷たいところが混ざり合っていて絶妙!


これは絶対にお勧めなので、仮に満腹でもだまされたと思って注文してください。
甘いものは別バラっていいますから!


■□店舗情報□■
川崎 居酒屋 ねじべえ
神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-7 ナガトヤビル2階
044-244-0112
JR川崎駅 徒歩5分
京急川崎駅 徒歩1分


投稿者【まき】


横浜イベント情報

横浜 居酒屋 特集

トラックバック一覧
ブログスタッフ紹介
※Windows版 InternetExplorerのみ

ウイスキーと日本が出会った街「横浜」 横浜だから味わえるウイスキーのおいしさがある