ブログを検索

横浜グルメガイドブログ> 川崎 > 川崎 > 川崎 立ち飲み 立ち呑み酒場 地下のもぐら

川崎駅東口でてすぐの高層オフィスビル「タワーリバーク」地下1階にある立ち飲み屋「地下のもぐら」様。
実は今回、“おひとり様”立ち飲み居酒屋デビューです。
写真

かわいい名前のお店ですが、いったいどんな雰囲気なんでしょう?
ちょっとドギマギしながら店内に入っていくと、「ぃらっしゃいませ~っ!」という威勢いい声で迎えられました。
夕方17時半頃でまだ誰もいないかなと思ったのは大間違い。
カウンターには会社帰りにひとりで立ち寄っているらしいスーツ姿の男性や、2~3人連れの若いグループなど既に何組ものお客さんで賑わっていて、後から次々に人が入ってきます。
入口脇の壁にもカウンターがあり、思っていたよりずっと広々した空間。
写真
ビギナーなので、まずはここでの注文の仕組みを教えてもらいます。

1.目の前に置かれたステンレス製のざるに、適当にお金を入れる
2.お料理やお酒を注文する
3.お店のスタッフはお料理やお酒を際に、ざるから都度お代回収

おつり間違えがあるといけないので、一万円など高額紙幣はなるべくいれないよう注意書きがありました。
まわりをちらちらっと見ると、2~3千円とりあえず入れている人が多そうです。
写真
角ハイボール、いやこちらでは角瓶『デカハイ』という名前です。
店内でもあちこちから「デカハイいっこ!」という声があがっていました。
「シングル」が400円、ウィスキー量が倍の「ダブル」700円。
ダブルに挑戦してみたい気持になりつつ、いや「シングル×2杯」のほうが長く楽しめるかな?とか、メニュー見ながら考えこんじゃいました。
お代はお店のスタッフの方がざるから都度回収してくれ、おつりも入れてくれます。
これなら最後に会計もいらないし、いくら使っているかがわかっていいかも♪
会社帰りに同僚誘って「今日は1500円分だけ軽く飲んで帰ろう」なんて上限決めてる時にもいいですよね。
写真
お料理メニューの多くが300円、350円などとお手頃価格。
まずは「もぐら名物!」と書かれた「ぺらカツ」を楽しみました。
ぺらぺらの豚ロースをカツのように揚げたものですが、意外にそんな「ぺらぺら」という感じもなく、お肉もしっかり味つけされていて食べ応えあります。
軽く一杯という時のつまみにちょうどいい分量。
写真
そしてこちらも同じく名物の「さぬき揚げ」。
青のりが香ばしく、味もついているのでこのままパリパリいただきます。
・・・と思ったら、見た目ほどスナックのようにカリッとしてるわけではなく、中は少しふにゃっとうどんを感じさせる、不思議な食感。こちらも角ハイボールが進みます。
いやー立ち飲みって実はちょっと入りあぐねていたんだけど、楽しいですね。
ひとりで軽く飲みたい時も、
誰か誘ってちょっと何か相談したいなんて時も、
あと女性だけで来るにも、ここは最適な場所です。
川崎駅西口の「地下のもぐら」様、
ぜひ一度、立ち寄ってみてください。

■□店舗情報□■
川崎 立ち飲み 立ち呑み酒場 地下のもぐら
神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 タワーリバーク地下一階
044-246-3366
JR川崎駅 徒歩2分
京急川崎駅 徒歩2分
川崎 居酒屋 立ち呑み酒場 地下のもぐらの詳細情報

投稿者【まき】


横浜イベント情報

横浜 居酒屋 特集

トラックバック一覧
ブログスタッフ紹介
※Windows版 InternetExplorerのみ

ウイスキーと日本が出会った街「横浜」 横浜だから味わえるウイスキーのおいしさがある