ブログを検索

横浜グルメガイドブログ> 川崎 > 川崎 > 川崎 焼肉 えんとつコロン

川崎の焼肉店、「えんとつコロン」様に行ってきました。ここは、鮮度にこだわった素材が自慢のお店。たっぷり食べるぞ~!
写真

店内はカウンター席の一角と小上がりもあるテーブル席エリアにわかれています。
せっかくなのでくつろごう!ということで、小上がり席へ。
写真
ダクトに注目!天井から各テーブル上に伸びているダクトは鮮やかな赤。細いすらっとした作りなので、大勢でテーブル囲んでいても話の邪魔にならないのがいいですね♪
「この太さだと煙をよく吸い込むんです」 と、七輪を運んでくれたイケメン店長。
自分たちが注文したのは、このお店の公式サイトでも強力にお勧めされている「ホルモン盛合わせ」2皿(塩と味噌)。店長みずから横浜中央市場に直接仕入れにでかけているので、「鮮度が違う」そうです。
写真
ホルモンはすべて和牛で、ショウチョウ、ハツ、ギャラ・・・と、一個ずつ教えてもらいました。
変わったところでは、「ウチノホホ」。これはあごの内側のお肉で、一頭から少量しか取れない貴重なお肉だそうです。
五種類のお肉が盛られているので、ちょっとずついろいろ楽しめてうれしいですね。
コリコリした食感も、柔らかくこってりしたお肉も、それぞれ違う味と食感を堪能できました! (・・・せっかく名前聞いていたのに、食べる時にはどれがどれだかわからなくなっちゃったんですが) 塩と味噌は甲乙つけがたし!です。最近は、肉本来の味がよくわかり、さっぱり食べられる「塩」が「みそ」を一歩リードしているような状況みたいです。
写真
焼肉にもぴったりあうのは角ハイボール。ビールももちろん合うんですが、角ハイボールのほうがおなかが膨れない感じがするんです。
「今日は焼肉で食いだおれるぞ~!」なんて気合満々の時にも、おすすめです。
最後にえんとつコロン名物「タンタン麺」を注文。しめに食べる人が多いそうです。
「焼肉のあとにさらにタンタン麺?」 と少々不思議な気がしていたんですが、見て納得。食べて納得。
写真
イメージしていた一般的なタンタン麺とは似ても似つかない、全く新しいものです。ふわふわのとき卵たっぷり、コーンたっぷり。うっすらにんにく味のスープは、ゴマ味押さえてあっさり目でかつマイルド。
胃にもやさしそうで、中華スープ感覚でいただけます。 焼肉のほか、北海道から直送してもらっているという海鮮メニューも充実。2人連れならカウンターで仲良く並んで七輪つつくのもよさそげです。
駅からはちょっと離れていますが、こだわり店長の新鮮なお肉と創作タンタン麺を食べに、ぜひ一度足を伸ばしてみてください♪

■□店舗情報□■
川崎 焼肉 えんとつコロン
神奈川県川崎市川崎区大島4-13-1 笹井ビル1階
044-201-2155
京急大師線港町駅 徒歩15分

投稿者【まき】


横浜イベント情報

横浜 居酒屋 特集

トラックバック一覧
ブログスタッフ紹介
※Windows版 InternetExplorerのみ

ウイスキーと日本が出会った街「横浜」 横浜だから味わえるウイスキーのおいしさがある