ブログを検索

横浜グルメガイドブログ> 横浜 野毛 > 野毛 居酒屋 ごっつあん

桜木町にある「ごっつあん」様は「富士山とけん玉ショーを見ながら酒が飲める店」なんです。・・・なんていきなり書いても、何のことかわからないですよね。
写真

 いや、それが入ってびっくり。本当に面白いんですよ!
写真
店内はお座敷にカウンター。でも写真をよくよく見てください。何かちょっと気になりませんか?実はここ、“日本の文化”銭湯が大好きで「横浜銭湯めぐりの会会長」をつとめる店主が、「居酒屋を銭湯」にしちゃったんです。名づけて居酒屋銭湯「富士見湯」。壁上部には脱衣籠がいくつもかけられ、店内通路正面には「男湯」「女湯」のブリキ看板。極めつけは、座敷の奥の壁に描かれた見事な富士山の絵。数少ない現役の銭湯背景画家として活躍する絵師中島氏が、この場所で描いた貴重な作品です。
写真
まずは角ハイボールで富士山に乾杯!いやー、いいですね。久しぶりに銭湯に行きたくなってきちゃいましたよ。そうそうもうひとつ。こちらの店主、けん玉の名手でもあって芸名は「銭湯屋ケロリン」。リクエストすると「横浜で一番短いショータイム」だというけん玉ショーを見せてくれます。
写真
・・・と、店内そのものがエンターテイメント空間なんですが、お料理も非常に凝っています。これは「山芋のステーキ」。すりおろした山芋に卵、秘伝のたれを混ぜて焼いたもの。ふんわり&もちもち、ねっとりこってりという、不思議な食感。味は、生まれて初めて食べて感動した「明石焼き」にちょっと似ていました。おなかにもたまります。
写真
こちらは「五本串セット」。もも肉につくね、ねぎま、鳥レバー、とり皮です。つくねもおいしかったですが、カリカリっと程良く焼けたとり皮が一番気に入りました。他にも飛騨高山名物「ほう葉みそ焼」や徳島のとうふよう「紅とうふ」など、珍しい地方名物料理も味わえます。

ふと気づくと、カウンターにも富士山の絵。ウィスキーの樽の前面部分を使って書かれたものでした。大きなそろばんや鉄製のやかんなど、店内中にいろんなものが飾られているので、見ているだけでも飽きません。江戸時代からの庶民の憩いの場「銭湯」の雰囲気を楽しめる居酒屋、ぜひ一度足を伸ばしてみてください!

■□店舗情報□■
野毛 居酒屋 ごっつあん
神奈川県横浜市中区花咲町2-69 末次ビル1階
045-231-0378
JR桜木町駅 徒歩3分

横浜グルメガイドブログ「野毛 グルメ」のカテゴリーもどうぞ
"野毛 グルメ"

投稿者【まき】


横浜イベント情報

横浜 居酒屋 特集

トラックバック一覧
ブログスタッフ紹介
※Windows版 InternetExplorerのみ

ウイスキーと日本が出会った街「横浜」 横浜だから味わえるウイスキーのおいしさがある